ヤれるアプリで出会った巨根男性

私はヤれるアプリを使い始めて2年ほど経つのですが、セフレやワンナイトラブを含めて合計20人ほどの男性とセックスをしてきました。私はエッチなことが大好きなので、今までの男性とのセックスも楽しくて気持ちよかったのですが、もっと気持ちのいいセックスをしてみたいと考えていました。そして、もっと気持ちのいいセックスをしてくれる男性に出会うために、ヤれるアプリでエッチに自信がある人を募集していたところ、ある男性から連絡が入りました。彼は、今まで50人以上の女性とエッチをしており、テクニックに自信があると言っていました。さらに彼には他の人にはない強みがあり、その強みというのがアソコの大きさです。彼は自分でアソコが20センチはあると言っていたのですが、私はそれを信じていませんでした。すると、彼から「じゃあ直接会って確認して下さい」と言ってきたので、私はこれは面白そうなだなと思い彼とあってみることにしました。私は彼との約束の日に近くの駅で待ち合わせをしていました。すると、彼は車で迎えに来てくれたので、彼の車に乗ってまずはレストランに行きました。そして、二人で精のつく食べ物を食べながらお互いのエッチについて話をしていたのですが、そこでも彼は自分のアソコの大きさは本当に20センチだと言っていました。ここまで言ってくると本当にそれぐらいの大きさかもしれないと思ったのですが、実際に見るまでは信じないことにしました。食事が終わると二人でレストランを出て、彼のオススメのラブホテルへと移動しました。

ラブホテルの部屋に入ると、まずはシャワーを浴びることになったのですが、私は彼のアソコを見るのはセックスをするときがいいと思っていたので、シャワーは別々に浴びることにしました。先に私がシャワーを浴びて、次に彼が入ったのですが私はすでに彼のアソコのことを想像してドキドキしていました。彼がシャワーから出てくると二人でベッドに入り、キスをしました。最初は優しいキスだったのですが、徐々に激しくなってきてディープキスになりました。彼はディープキスに興奮したのかバスタオルの下から股間が膨らんでいるのが分かったので、私は我慢が出来なくなり、彼のバスタオルを剥ぎ取りました。すると、彼のアソコが飛び出てきたのですが、私が今まで見てきた誰よりも長くて太いモノでした。私は思わず「デカッ」と言ってしまったのですが、彼は誇らしげに「ほらね、デカイでしょ」と言ってきました。私は彼のアソコをしごいたり、舐めたりしたのですがあまりにも大きくて上手くできませんでした。私はもう堪らなくなってしまい、彼のアソコを生で挿れることにしたのですが、大きすぎて正直痛いぐらいでした。何とか一番奥まで挿れたのですが、私は痛くて動くことが出来ませんでした。すると、彼が「我慢出来ないから動くね」と言って腰を振ってきました。私は痛さはあったのですが、それ以上に今まで感じたことのない快感がありました。その後はバックと騎乗位をしたのですが、私は何も考えることが出来ないくらい気持ちよくて喘ぎっぱなしでした。彼とのプレイは1時間ほどで終わったのですが、あんなに感じたことは今までありませんでした。ヤれるアプリで巨根の彼と出会って分かったのは、私にとってはテクニックなんかよりもアソコの大きさの方が大事だということです。私はこれからもヤれるアプリで巨根の男性を探そうと思います。

コスプレプレイが好きなおじさんとエッチ

ヤれるアプリの中には普通のエッチをしてくる男性もいれば、少し特殊な性癖を持った男性がいることもあります。私には彼氏がおり、普通のエッチは彼氏で充分だと思っていたので、ヤれるアプリを利用しているときにはいつもとは違うエッチをしてくれる人を探していました。そして、ヤれるアプリでいつものように男性を探していると、プロフィール欄にコスプレが大好きと書いている男性がいました。私は昔一度だけコスプレプレイをしたことがありましたが、その時はナースの格好をさせられただけでした。またコスプレプレイをしてからもう5年ほど経っていたので、私は久しぶりにコスプレをしてエッチをしてみたいと思いました。私はその男性に興味があるというメッセージを送って、彼からの返信を待っていました。すると、彼から「メッセージを送ってくれて嬉しいよ」という返信が来ました。私は彼とエッチなことをするという気持ちがあったので、彼のプロフィール欄に書いてあったコスプレについて詳しく質問していました。彼は女の子にコスプレをさせてエッチをするということに10年以上前からハマッていて、自宅には20着以上のコスプレ衣装を持っていると言っていました。私は彼が持っているコスプレの衣装に興味が出たので、彼に「コスプレエッチをしてみたいから一度会ってみませんか?」というメールを送りました。すると、彼はすぐにオッケーの返事を送ってきてくれたので彼とコスプレエッチをする日にちと場所を決めました。

私と彼は週末の夜に駅の広場で待ち合わせをしていたのですが、彼はそこに車で迎えに来てくれました。そして、彼の車で彼が予約をしていたレストランに向かったのですが、私が入ったことのないような高そうなお店だったので「こんなに高そうなお店で大丈夫?」と聞くと彼は「いいんだよ、僕が好きでやってるんだから」と言ってきました。私と彼はそのレストランで恋人のように楽しい食事をしたのですが、単純な私はその食事だけで少し彼のことが好きになっていました。そして、レストランを出ると彼の車でラブホテルへと向かいました。駐車場に車を停めると、彼は車のトランクから大きなバックを取り出して「この中に衣装を入れているんだ」と言いました。ホテルの部屋に入ると、彼はバックからJKの制服とナースの制服を出してきて、「好きなほうを着ていいよ」と言われたので私はJKの制服を着ました。私が着替え終えてベッドに座ると、彼は私のスカートの中に手を入れてアソコを触ってきました。私は久しぶりのコスプレに興奮しており、彼のアソコを触り返しながら彼にキスをしました。彼も私のコスプレに興奮しているようでハァハァ言いながら私の身体を触ってきていたので、私は早く彼に挿入させてあげようと思いゴムを着けてあげました。そして制服は着たまま彼のアソコを私の中に挿れました。彼のアソコはとても大きくて、私は30分もしたところでヘトヘトになっていました。その時彼も丁度イってくれたので、そこで彼とのコスプレエッチは終了しました。彼とのコスプレエッチはかなり気持ちよかったので、やっぱりヤれるアプリでの出会いは最高だなと思いました。ヤれるアプリではいつもとは違うエッチなことが出来るので、今後もコスプレエッチだけでなく色々なエッチをしてくれる人を探したいと思います。

ヤれるアプリで出会ったギャルに人生初中だし

私は今まで女性とセックスをしたことはあったのですが、どんな女の子にもやらせてもらえなかったことがあります。それがゴムをつけずにセックスをして、最後に女性の中に出すということです。これは、付き合っていた彼女にもさせてもらえませんでしたし、セックスフレンドに頼み込んでも絶対にやらせてもらえませんでした。私はどうすれば中だしというものを体験できるのか考えてたいたところ、ヤれるアプリを使えばいいと考えました。彼女やセックスフレンドを作って、身体の関係を築くまでにはかなりの時間がかかりますし、それで中だし出来なかったら時間の無駄になってしまいます。しかし、ヤれるアプリならば先に中だしをしたいことを伝えておけば、断れたとしても会う前から期待せずに済みます。また、女性と出会うチャンスが増えるので中だし出来るチャンスも増えると考えたのです。私は友人から勧められたヤれるアプリに登録して、女性を探し始めました。私の中で中だしをさせてくれそうなイメージがあったのは熟女とギャルだったので、この二つのタイプの女性を探していました。すると、20代前半のギャルと連絡を取り合うことが出来ました。彼女はプロフィールに身体の関係を求めていると書かれていたのでこれはチャンスだと思いました。私は彼女と連絡を取り合い距離を縮めたところで、ストレートに中だしをさせて欲しいと伝えました。すると、彼女はあっさりと「避妊薬を買ってくれるならいいよ」とOKしてくれました。そうして彼女と中だしをする約束をすることが出来ました。

彼女との約束の日、私が待ち合わせ場所に行くと彼女はすでに待っていました。私は彼女に声をかけ、まずはファミレスでご飯を食べることになりました。彼女と直接会うのは初めてでしたが、ヤれるアプリで連絡を取り合っていたことと、彼女がフランクな性格だったことからすぐに打ち解けることが出来ました。私と彼女はファミレスを出ると、手をつなぎながらラブホテルへと歩いていきました。ホテルの部屋に着くと、彼女が先にシャワーを浴びてそのあと私がシャワーを浴びました。浴室には彼女の残り香が残っており、これから彼女とすることを想像して私のアソコはギンギンになっていました。私がシャワーから出ると彼女は裸でベッドに寝ており、私に「避妊薬は持ってきた?」と聞いたきたので、私はもってきた薬を彼女に渡しました。彼女は笑って「じゃあ始めようか」と言って私にキスをしながら、アソコをしごいてきました。彼女のキスは舌を絡めた激しいものだったのですが、しごき方は丁寧で包み込まれるような感じでした。私も彼女の身体を舐めたり、弄ったりすると徐々に濡れてきていました。彼女は「もう我慢できない、挿れるね」というと騎乗位で生で挿入してきました。私は初めての生の感触に思わず声が出てしまいました。彼女は激しくもリズム感のある腰振りをしてきたので、私も夢中で腰を振りました。そして、バックに体位を変えて彼女のハリのあるお尻を見ながら腰を振っていると、急に射精感がこみ上げてきて「出してもいい?」と聞きました。すると彼女が「いいよ。出して」と言ってきたので、私は人生初の中だしをしました。中だしをした瞬間、ゴムに出したときとは違って精子が飛んでいくような不思議な感覚になり、私はあまりの気持ちよさに意識が飛びそうになりました。私は彼女に感謝の気持ちを伝えて、彼女とお別れをしたのですが、こんなに気持ちのいいことさせてくれた彼女のことは一生忘れないと思います。