ヤれるアプリの中には普通のエッチをしてくる男性もいれば、少し特殊な性癖を持った男性がいることもあります。私には彼氏がおり、普通のエッチは彼氏で充分だと思っていたので、ヤれるアプリを利用しているときにはいつもとは違うエッチをしてくれる人を探していました。そして、ヤれるアプリでいつものように男性を探していると、プロフィール欄にコスプレが大好きと書いている男性がいました。私は昔一度だけコスプレプレイをしたことがありましたが、その時はナースの格好をさせられただけでした。またコスプレプレイをしてからもう5年ほど経っていたので、私は久しぶりにコスプレをしてエッチをしてみたいと思いました。私はその男性に興味があるというメッセージを送って、彼からの返信を待っていました。すると、彼から「メッセージを送ってくれて嬉しいよ」という返信が来ました。私は彼とエッチなことをするという気持ちがあったので、彼のプロフィール欄に書いてあったコスプレについて詳しく質問していました。彼は女の子にコスプレをさせてエッチをするということに10年以上前からハマッていて、自宅には20着以上のコスプレ衣装を持っていると言っていました。私は彼が持っているコスプレの衣装に興味が出たので、彼に「コスプレエッチをしてみたいから一度会ってみませんか?」というメールを送りました。すると、彼はすぐにオッケーの返事を送ってきてくれたので彼とコスプレエッチをする日にちと場所を決めました。

私と彼は週末の夜に駅の広場で待ち合わせをしていたのですが、彼はそこに車で迎えに来てくれました。そして、彼の車で彼が予約をしていたレストランに向かったのですが、私が入ったことのないような高そうなお店だったので「こんなに高そうなお店で大丈夫?」と聞くと彼は「いいんだよ、僕が好きでやってるんだから」と言ってきました。私と彼はそのレストランで恋人のように楽しい食事をしたのですが、単純な私はその食事だけで少し彼のことが好きになっていました。そして、レストランを出ると彼の車でラブホテルへと向かいました。駐車場に車を停めると、彼は車のトランクから大きなバックを取り出して「この中に衣装を入れているんだ」と言いました。ホテルの部屋に入ると、彼はバックからJKの制服とナースの制服を出してきて、「好きなほうを着ていいよ」と言われたので私はJKの制服を着ました。私が着替え終えてベッドに座ると、彼は私のスカートの中に手を入れてアソコを触ってきました。私は久しぶりのコスプレに興奮しており、彼のアソコを触り返しながら彼にキスをしました。彼も私のコスプレに興奮しているようでハァハァ言いながら私の身体を触ってきていたので、私は早く彼に挿入させてあげようと思いゴムを着けてあげました。そして制服は着たまま彼のアソコを私の中に挿れました。彼のアソコはとても大きくて、私は30分もしたところでヘトヘトになっていました。その時彼も丁度イってくれたので、そこで彼とのコスプレエッチは終了しました。彼とのコスプレエッチはかなり気持ちよかったので、やっぱりヤれるアプリでの出会いは最高だなと思いました。ヤれるアプリではいつもとは違うエッチなことが出来るので、今後もコスプレエッチだけでなく色々なエッチをしてくれる人を探したいと思います。